ウェスタンフォレストプロダクツジャパン株式会社 ウェスタンフォレストプロダクツジャパン株式会社
【東京本社】TEL:03-6667-7030
トップ 新着情報 事業内容 会社情報 森林認証 お問い合わせ
新着情報
大阪事務所閉鎖  - 2014/12月
2014年12月29日をもちまして大阪営業所の閉鎖を決定しました。
大阪営業所は、マックミランブローデル株式会社の創立と共に、1983年に開設以来、皆様のご協力のもと31年間に亘り営業して参りましたが、社会情勢の変化に伴う経営合理化を図ります。
同営業所への皆様からのご愛顧に対しまして、心から感謝申し上げます。

尚、今後の大阪営業所の業務は今後東京本社が引き継ぎ、より充実したサービスと、迅速な対応を心掛けてまいります。

・閉鎖営業所
ウェスタンフォレストプロダクツジャパン(株) 大阪営業所
〒530-0026 大阪市北区神山町8-1  梅田辰巳ビル7階
電話 06-7653-5515

・最終営業日:2014年12月29日

・業務引き継ぎ先
ウェスタンフォレストプロダクツジャパン(株) 東京本社
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-2  日本橋Nビル6階
電話 03-6667-7030(代表)   FAX 03-6667-7050

マスト用木材 寄贈  - 2012/5月
今月14日、ウェスタンフォレストプロダクツ社のリー・ドネイ副会長が宮城県庁を訪れ、東日本大震災後の強風でマスト2本が折れた慶長使節船「サン・ファン・バウティスタ」号復元船のマスト用木材の目録を若生宮城県副知事に贈呈しました。

これは、昨年11月にブリティッシュコロンビア州政府幹部がカナダ産木材による被災地支援の為仙台市などを訪れた際、宮城県から上記船のマストの提供を要望されたことからWFP社が寄贈することとなったものです。
寄贈する木材は、メーンマスト用のウェスタンレッドシダー1本(約14メートル)と、メーンマストの前に立つフォアマスト用のダグラスファー4本(約10〜15メートル)です。

これにより宮城県は、津波に被災して休館中の県慶長使節船ミュージアムとともに年度内の復旧を目指されるとのことです。

BC州林産企業が東日本大震災復興のために50万ドルを寄付  - 2011/6月
カナダの林産企業各社は、東北大地震及び津波による被災地の復興に向けて一致団結して支援を行っていく意向を示しています。先日発表されたブリティッシュ・コロンビア州政府及び林産企業により提供された緊急災害義援金に続き、今回は以下のBC州林産企業から長期復興支援のために寄せられた義援金として合計50万ドルが寄付されることになりました。

  • ウェスタン・フォレスト・プロダクツ社
  • エインズワース・エンジニアード社
  • ハンプトン・アフィリエイツ
  • インテリックス・フォレスト・プロダクツ社の以下の株主企業
    - キャリアー・ランバー社
    - ダンクリー・ランバー社
    - ミラー・ウェスタン・フォレスト・プロダクツ社
    - サンダンス・フォレスト・インダストリー社
  • シンクラー・グループ・フォレスト・プロダクツ社
  • タイガ・ビルディング・プロダクツ社
  • ティンバーウェスト・フォレスト・コーポレーション
  • アーデュー・フォレスト・プロダクツ社

BC州及びカナダの林産業界は日本との長く安定した関係をとても大切に考えています。日本の皆様が今後長期にわたって取り組んで行かなければならないインフラ整備、地域社会及びそれぞれの生活の再建にあたって、私たちは出来る限りの支援をしていきたいと心から強く望んでいます。今回のBC州林産企業各社からの寄付金、そして今後も期待されるカナダの各州政府及び連邦政府からの資金援助により、被災地において1つのみならず複数の復興プロジェクトの支援が可能となります。

カナダにおいて義援金活動を続ける一方で、カナダウッド・グループ日本事務所では現地の関連当局、顧客の皆様、建築請負業者及び建築協会等と連携をとり、私たちの業界が直接支援することが可能な学校や高齢者福祉施設の建設など具体的な復興プロジェクトの選定にあたっていく所存でございます。カナダの林産業界及びカナダウッド・グループは、過去最大の地震・津波被害を受けた日本の再建に向けて可能な限りの支援を提供していきます。


社名変更のお知らせ  - 2011/6月
弊社は2011(平成23)年6月1日より社名を「マックミラン ブローデル株式会社」から「ウェスタン フォレスト プロダクツ ジャパン株式会社」に改名致します。

この度の社名変更は、先に行った組織変更に伴うものの一環で、Vancouver本社と日本オフィスを一体化し、日本の顧客の皆様の声をより迅速に且つ的確に反映させて、弊社の生産工場より、マーケットのニーズにいち早く対応できるような体制を作り上げることを目的にしております。

これを機に、社員一同新たな決意をもって鋭意努力してまいる所存ですので、今後も倍旧のご愛顧、御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
2011年5月吉日
代表取締役 ドン ディメンズ
新社名 ウェスタン フォレスト プロダクツ ジャパン株式会社
Western Forest Products Japan Ltd.
変更日 2011年6月1日
URL http://www.westernforest.jp
※尚、住所・電話番号・メールアドレス等に変更はございません。

「カナダツガ製材を用いた木材軸組建築物の構造性能」セミナー開催のお知らせ  - 2010/10月
戸建住宅の大半を占める木造住宅の構造性能の向上、および地震に強く長期にわたる使用が可能な木造住宅の普及促進は依然として重要な課題です。木造軸組工法建築物の柱・梁などの軸組部材には樹種・等級に応じた基準強度が与えられますが、耐震性能の確保に重要な耐力壁、床水平構面、柱脚柱頭接合部などの許容耐力には一般的に軸組部材の樹種・等級による差異は考慮されません。しかし、実態としてはこれらの許容耐力は軸組部材の樹種・等級により変化します。本セミナーでは、カナダ太平洋沿岸林産物協会がカナダツガHem-Fir(N)製材を主な対象として実施した構造実験による性能評価結果に基づいて、軸組を構成する製材の品質が建築物の構造性能に及ぼす影響について解説します。
主な内容
 「カナダツガE120とは」
 「次世代に受け継がれる高性能住宅をつくるために」
 「カナダのOSB構造用パネルについて」
 「カナダツガE120,E120-F330の基準強度指定について」
 「カナダツガ製材を用いた木造軸組建築物の構造性能」

主催:カナダツガ・パートナー協会 カナダ林産業審議会 カナダウッド
共催:建築知識
■ 神戸
日時:2010年10月27日(水)10:00〜16:30
会場:神戸センタープラザ 西館6階9号室
    神戸市中央区三宮町2-11-1
■ 名古屋
日時:2010年10月28日(木)10:00〜16:30
会場:住宅金融支援機構 東海支店 5階会議室
    愛知県名古屋市千種区新栄3-20-16
■ 東京
日時:2010年12月10日(金)10:00〜16:30
会場:カナダ大使館 地下2階
    東京都港区赤坂7-3-38
受講料は無料です。各会場とも、定員になり次第締め切りとさせていただきます。
受講ご希望の方は、本HP上のお問い合わせフォームに必要事項をご記入の上メール送信お願いいたします。折り返し本セミナーの申し込み用紙をPDFファイルにて送信させて頂きます。

カナダツガ高強度集成材が3階建て住宅に相次いで採用  - 2010/10月
高度な構造設計が求められる木造3階建て住宅に、カナダツガ高強度集成材が相次いで採用されました。施主様の要望に応え、安全・安心の住宅を建設するために、カナダツガ集成材の高い性能が評価されました。
横浜市の個人住宅は、敷地面積が狭い都市部の住宅街に立地しており、間口はわずか4m、奥行きは12.7mという典型的な狭小住宅です。しかも前面道路はぎりぎりの幅で、頭上には電線が張り巡らされているという厳しい条件の敷地になっています。耐力壁が取りにくく、難しい構造設計が求められます。
建物は細長い形状なので、通常の強度の材料では上階が揺れやすくなってしまいます。そこで、柱と梁に高強度のカナダツガ集成材E135を全面採用し、強固な躯体を実現しました。躯体の変形が最小限に抑えられて上階の揺れ幅が少なくなるので、快適に暮らせる住宅となります。
また、斜線制限を受けつつも高い天井高を確保するために、E135の強度が有効になりました。現場には2トン車以下の小さなトラックしか入らず、クレーンも使うことができませんでしたが、E135の強度によって部材のサイズを抑えることができたため、手作業でも無事に上棟することができました。
新潟市の個人住宅は、延べ床面積約80坪という大きな木造3階建て住宅です。施主様の要望で、1階に18畳と12・5畳のリビングが連なる広々とした空間を確保しています。立地するのは1mの積雪荷重がかかる場所で、外壁にタイルを採用するため重量もあります。2階と3階の荷重を支えるためには、通常の木材強度では1mもの梁せいになる部分が出てしまいます。
そこで、カナダツガ集成材E135とE150を部分採用しました。施主様が天井から見える梁を最小限にとどめてほしいと要望されたことから、梁せいを抑えるため1階だけでなく2階にもカナダツガ高強度集成材を使っています。
当初は鉄骨との混構造にする案もありましたが、確認申請が複雑になってしまうため、すべて木造にする方針になりました。鉄骨に変わる木材が求められ、高強度の材料が手に入るカナダツガが選ばれました。
規模や立地条件の異なる3階建て住宅にカナダツガ高強度集成材が採用されたことは、カナダツガの高い性能と信頼性を評価いただいた証しです。カナダツガ高強度集成材E120/E135/E150をぜひご活用ください。

二ツ井パネル様がカナダツガ集成材E135のJAS認定を取得  - 2010/7月
集成材や木製品を製造・販売する二ツ井パネル様(秋田県北秋田市)がこのほど、カナダツガ集成材E135のJAS認定を取得いたしました。東北地方におけるカナダツガ集成材の生産・供給拠点となり、カナダツガ集成材がよりご利用しやすくなりました。
今回JASを取得したのは、カナダツガ構造用集成材の小断面および中断面で、同一等級のE135-F405、接着剤は水性高分子イソシアネート系です。

カナダツガ高強度集成材の採用が増えています  - 2010/7月
E120、E135、E150とラインナップが揃ったカナダツガ高強度集成材(カナダツガビーム)の採用が増えています。他樹種にはない高い強度を生かし、豪雪地帯の建物や大型木造建物で利用する事例が出てきました。
青森県青森市の齋米建設様はこのほど、1,070m2の木造作業場を建設しました。9mという長尺のカナダツガ集成材E120を7本使用しており、現し工法として使うことで木の見える美しい空間を実現しています。
豪雪地帯の青森県では、大きな積雪荷重を加味して構造計算を行う必要があります。この作業場でも180cm以上の積雪荷重を見込んで構造計算を行っており、強度が高く長尺が取れる構造材としてカナダツガ集成材が選択されました。

このように積雪荷重が大きな豪雪地帯では、他地域に比べて梁に強度が求められるため、高強度の集成材に対する需要が高まっています。
青森県六戸町の蹴和建設様では、戸建て住宅で特に荷重がかかる大梁にカナダツガ集成材を使用しました。設計の自由度を高めて施主の要望に応えるためにも、カナダツガ集成材の高強度を今後も活用していく方針です。
この他にも、石川県金沢市の有力ビルダー様がカナダツガ集成材E120を標準採用されています。

また、医院建築や高齢者施設といった大型施設にカナダツガ集成材を採用する事例も増えています。特に大空間を支える梁に使用されるケースが多くなっています。

今秋より カナダツガE150 の高強度構造用集成材の供給開始します!  - 2009/9/16
今秋より、E150という高い性能を持ったカナダツガ中断面構造用集成材(集成平角)の供給を開始します。E150は強度面での制約を軽減し、設計の自由度が大幅に向上します。一般住宅や共同住宅、店舗、事務所などの木造建築において、高い強度が必要となる梁に最適な構造材です。
現在、当社協力工場がカナダツガ構造用集成材の「E150-F435」のJAS認定を申請しております。E150の梁材の出荷が可能となることで、高い強度の構造材が求められるケースに対応できるようになります。またJAS認定取得後、「E135-F375」の受注生産を本格的に開始いたします。これにより、カナダツガの集成平角は、下記の中から用途と予算に応じて選択できるようになりました。

強度等級
E150-F435(異等級・申請中)  
E135-F375(異等級・申請中) E135-F405(同一等級・取得済)
E120-F330(異等級・申請中) E120-F375(同一等級・取得済)

サイズ

梁せい(長辺) 120〜600mm
材幅(短辺) 105mm, 120mm, 135mm, 149mm
材長 3〜9m

設計の自由度を広げるE値(ヤング係数)の高い集成材は、規格上では存在するものの、実際には木材資源量の問題から入手が困難となっています。高強度の用途に使用される樹種としては、北米産のベイマツが知られていますが、近年は高いE値を持った集成材の供給が少なくなっています。
カナダの厳しい自然環境で生育したカナダツガは、高い強度を持ちながら、資源量が豊富という特徴があります。このカナダツガを原料に利用することで、高強度集成材の供給を可能としました。E150のカナダツガ集成材は、近年のベイマツ集成材をしのぎ、LVLに匹敵する性能を持っています。住宅に一般的に使用される梁用の構造用集成材は、欧州アカマツのE105かE120が主流で、日本のスギはE75前後です。
※ E値とF値
E値は曲げヤング係数のことで、部材のたわみにくさを表します。F値は曲げ強さを表す数値で、破壊に至る限界の抵抗値を示しています。


カナダツガ集成材を使用して頂いている住宅(2)  - 2009/6/23
住宅瑕疵担保履行法の施行が間近に迫ってきている中、高い強度を備えたカナダツガ集成材を取り扱っていただくことが多くなってきました。これも、お施主様・工務店様の、より安心できる住宅づくりに対する意識が高まっている証拠ではないかと思われます。

今回は、集成柱を中心にカナダツガ集成材を採用していただいている光和木材興業株式会社様を紹介させていただけることになりました。


*光和木材興業株式会社 村上社長のコメント
当社は、西宮市に店を構え、阪神間では早くから在来軸組みプレカット加工設備を導入し、地域の住宅産業を支えてきました。設備として、横架材加工機・柱材加工機・羽柄材加工機を所有し、木材の知識を生かしきめ細かくて丁寧な仕事で評価を得ております。
カナダツガ集成材は、見栄え強度共に申し分がありません。ホワイトウッド集成材とのグレードによる差別化を明確にしてお客様に認知されるような施策の必要性を感じます。

光和木材興業株式会社
兵庫県西宮市鳴尾浜2-21-3
TEL 0798-43-1800

*村上社長様、コメントありがとうございました。社長様のご指摘にもあるように、現在カナダツガ集成材の強度優位性を出すため、新たな強度等級E135-F375のカナダツガ集成材の販売を予定しております。(詳しくは7月新着情報にて!)

カナダツガの新しいパンフレット作成しました  - 2009/4/3
この度、カナダツガの特徴・製品ラインナップなどを詳細に解説した「カナダツガ」、カナダツガ集成材にスポットを当てて紹介している「地震に強い木・カナダツガ」の2部を作成いたしました。
「カナダツガ」では、建築基準法の改正、住宅瑕疵担保履行法など変化する法制度の中で「なぜカナダツガが良いのか?」を詳細に説明し、無垢材・集成材製品のラインナップを紹介しております。
「地震に強い木・カナダツガ」では、カナダツガ集成材を主に説明しており、耐震性に優れたカナダツガ集成材の魅力を紹介しております。カタログ送付をご希望の方は、お問い合わせのページより資料請求が可能です。


「地震に強い木造住宅のつくり方」セミナーにおいてカナダツガ集成材が紹介されました  - 2009/2/5
この度カナダ大使館に於いて「地震に強い木造住宅のつくり方」セミナー(主催:カナダ林産業審議会, カナダツガ・パートナー協会, カナダウッド 共催:エクスナレッジ)が開催され、弊社のカナダツガ集成材が紹介されました。
今回のセミナーでは、昨年9月につくばで行われたカナダツガ無垢材・集成材を用いた木造軸組工法建築物の実大振動実験の結果を、実際の実験映像も使って紹介していただきました。このプロジェクトに多大なご協力をいただきました山口啓三郎氏(株式会社MG耐震技術研究所)によると、「構造材自体の強度は言うまでもなく、それぞれの部材を結合する金具・釘の保持力も地震に強い住宅をつくるには重要な要因の一つである」とのことで、今回の実験で改めてカナダツガの構造材としての優秀性が証明されました。

今回のセミナーの来場者は100名を超え、耐震に対する関心が強まっていることを実感いたしました。
「地震に強い木造住宅のつくり方」セミナーの様子

この「地震に強い木造住宅のつくり方」セミナーは、来月に名古屋と大阪でも開催されますので、ご興味を持たれた方は是非参加されてはいかがでしょうか?

■名古屋
日時:2009年2月18日(水)
会場:住宅金融支援機構東海支店 5F会議室
愛知県名古屋市千種区新栄3-20-16
定員:100名
■大阪
日時:2009年2月19日(木)
会場:エル大阪(大阪府労働センター) 5F視聴覚室
大阪府大阪市中央区北浜東3-14
定員:100名

お申し込みはカナダツガパートナー協会のホームページよりお願い申し上げます。

カナダツガ集成材を使用していただいている住宅 (1)  - 2008/3/11
弊社では、構造部材としてより安心して使用して頂く為に、カナダツガ集成材を国内にて生産・販売強化しております。今回は、実際にカナダツガ集成材を使用して頂いている販売店様・工務店様にご協力いただき、当ホームページにて紹介させていただけることになりました。

株式会社 忠建(山口県)様の物件
    

管柱(E105-F345)・通し柱(E120-F375)にカナダツガ集成材を使用していただいております
   

*プレカットをして頂いた防秋産業株式会社の吉井副社長様からのコメント
当社は、従来デザイン住宅(坪40万〜50万)の物件に取り組んでまいりました。この住宅にはホワイトウッド・杉材を使用しておりましたが、大工さんより「釘が効かない、ビスが効かない」など色々不安な話を聞かされておりました。そこへ偶然マックミランブローデル(株)よりカナダツガ集成材の提案があり試験使用したところ、「多少重いが、釘の効きはよいし、ビスの止まりも良い」とお褒めの言葉を工務店様より頂くことができました。今では通し柱・管柱には、カナダツガ集成材のみ使用しております。

ウェスタンレッドシダー基礎知識セミナー開催いたしました  - 2008/2/12
ウェスタンレッドシダー協会によるウェスタンレッドシダー基礎知識セミナーが東京・名古屋の2会場で行われました。ご参加いただきました方々には長時間お付き合いいただき誠にありがとうございました。
カナダ ブリティッシュ・コロンビア州の森林経営から実際に施工する場合の注意点など盛り沢山の内容でした。今回はそれぞれ丸一日という長時間にわたるセミナーだったため、お時間の都合がつかず参加していただけなかった方々も多くいらっしゃった様です。ウェスタンレッドシダー輸出協会は、今後より多くの皆様に参加していただける様、スケジュールを見直し、またよりわかり易いセミナーを心がけていく所存です。
次回開催予定が決まりましたら当ホームページからも案内させて頂きます。

ウェスタンレッドシダー基礎知識セミナー開催  - 2007/11/20
この度ウェスタンレッドシダー輸出協会・カナダウッド主催による「ウェスタンレッドシダー基礎知識セミナー」が開催されます。
ご存知の通り、ウェスタンレッドシダーは対候性が優れており、屋外での使用を含む広範囲での利用が可能な樹種です。
環境面・森林管理・木に含まれる天然成分・また実際の使用に関して等、様々な角度からウェスタンレッドシダーの特長と魅力を知って頂くセミナーとなっております。工務店様・設計士様・流通業者様など幅広い分野からのご参加をお待ちしております。

東京会場
日時:2007年12月4日(火曜日)午前10:00〜17:30
場所:カナダ大使館 (東京都港区赤坂7-3-38)

名古屋会場
日時:2007年12月6日(木曜日)午前10:00〜17:30
場所:住宅金融支援機構 東海支店 5階会議室 (名古屋市千種区新栄3丁目20-16)

お問い合わせ先:ウェスタンレッドシダー輸出協会 TEL 03-5401-0536 松沢・佐々木
※ なお、定員となり次第締め切りとさせて頂きます。ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。 


カナダツガのラミナー強度試験実施 - 2007/06/07
現在弊社では、カナダツガのラミナー(集成材の原材料)を輸入し、日本国内で集成管柱・集成土台等を
受注生産しております。 皆様に安心してご使用頂ける様に、この度日本国内において強度試験(MSR検査)を実施し、
下記結果のように非常に高い強度が証明されました。

ラミナー(原料)の強度試験のデータ

** 弊社 カナダ栂ラミナ(30mmx110mm) 200本をMSR検査にかけた結果
  (2007年2月2日実施)
**平均値:L-125.88

 


梁仕様でE120-F330仕様で作成した場合、
最外層材が30%出る為、E120の梁の作成が可能。

柱・土台は4PLYのJAS E105-F345で対応。

ラミナ(原料)を強度別に色仕分けする。                 4PLYの柱のパッケージ
カナダツガの集成材ご要望のお客様は下記にお問い合わせ下さい。
TEL:03-6667-7039/FAX:03-6667-7050 担当:大森(おおもり)

カナダツガの新製品開発に着手 - 2007/05/01
集成管柱・集成土台・集成平角
現状カナダツガは、無垢(むく)の小角、割り物が主な製品でしたが、昨今の他樹種の価格上昇・
供給不安から、お客様からのカナダツガ集成材の要望が高まってきました。
マックミランブローデル株式会社ではその需要に対応すべく、親会社WFPの潤沢な資源を有効活用し、
日本市場においてカナダツガ集成材のマーケティング活動・製品開発に着手し始めました。
すでにカナダにおいてラミナを生産し、国内集製材メーカーにご協力いただき、集成管柱・集成平角・
集成土台などを試験的に生産し、品質面やコスト面のチェックを行っております。
将来的にはなるべく早い時期に、製品化して月間1000立方メートル規模で販売していく予定です。
またラミナの生産に伴い、無垢のKD間柱(27X105)やフィンガージョイントの間柱の生産も検討中です。
マックミランブローデル社では、カナダツガ製品のラインナップを充実させ、お客様ご要望に対応させて
いただくよう今後とも努力してまいります。
画像 画像 画像 画像
未乾燥のラミナを乾燥機へ 加工途中の4PLYの集成材 4PLY集成材の完成品 4PLY集成材の完成品

Copyright 2007-2017 Western Forest Products Japan Ltd. Allrights Reserved.